超特殊許可白疾風をクリアしました。

もうちょっと練習をしてから動画化すべきなのかもしれませんが、勝てば官軍です。

尻尾ビターンや2連尻尾回転の2撃目はおそらく即死級の威力かと思われますが、(多分)被弾していないのでわかりません。

 

今回はストライカー片手剣をチョイスし、防具はグリードXRシリーズを主軸に一部を入れ替えた混合装備で挑みました。斬れ味レベルのスキルを発動させる際にグリードXRはほぼ確定で入ってきますね。もはや呪いに近い。

護石は「達人+8, 空きスロット×3」といった、いわゆる並おまです。連撃や痛撃、あるいは会心強化との複合であれば神おまになっていたかもしれません。

 

ナルガは原種・二つ名ともに攻撃判定が一瞬のものが多く、回避性能を最大限に活用することができます。唯一尻尾叩きつけのみ回避性能+1では防ぎきれませんが、もしかしたら+2だと回避できるかも…?試していないので何とも言えません。

武器は物理・属性ともに高めのものを選んでいますが、キリン武器に属性特化のスキルで挑んだほうが早いかもしれません。プレイヤースキル次第ですが、物理が効く頭よりも属性が効く刃翼の方が攻撃チャンスは多いように思われます。

 

そもそも論ですが、攻撃をフレーム回避する機会が多いということはブシドーが映えるわけでして、ジャスト回避後の無敵時間が長い双剣などはまさに相性抜群だったような気がしなくもないです。鬼人化中などであればブシドー回避で攻撃と移動の両方を賄えるため、それこそ一方的にダメージを与えることが可能だったかもしれません。