2017年6月2日に配信されたイベントクエスト「モンハン部・熱血昇段試験」をクリアすることで解禁される装備を紹介していきます。

クエスト自体も装備作成に必要な素材も一筋縄ではいかない、割とハードなイベントでした。

防具

XXバルクシリーズおよびXX鏖魔シリーズが作成可能となります。

XXバルクシリーズ
装備画像(男性)

装備画像(女性)

装備名・スキル(剣士)

装備名・スキル(ガンナー)

XX鏖魔シリーズ
装備画像(男性)

装備画像(女性)

装備名・スキル(剣士)

装備名・スキル(ガンナー)

 

いずれも剣士・ガンナーでデザインやスキルポイントの変更はなく、単体でのスキル発動もありません。

スキルポイントは共通で「狩人」が+5と、XXバルクシリーズは「龍気」が+3、XX鏖魔シリーズは「裏会心」が+3となっており、モンスターのイメージに沿ったスキル系統となっています。また、地味ながらも胴部位で龍気や裏会心のポイントが+3以上が付く装備はこれらのシリーズしかありません。

余談

最近のイベント装備の中では作成難度が桁違いに高いです。

まずイベントクエストの狩猟対象がG級獰猛ラギアということもあり、中途半端な武器ではやたらと時間が掛かる羽目になるほか、これまた中途半端な防具と属性耐性では体力150からでも一撃でやられる可能性があります。幸い、イベクエ素材は1種類につき1つ(強化する際は更に追加で1つ)しか使わないので、連戦は避けられます。

次に作成素材として、両装備共通で「イーオスの大厚皮」×10が必要となります。素材元であるG級ドスイーオスと単体で戦えるクエストは「G★2沼地の採取ツアー」か「G★3毒の洗礼(※ニャンタークエスト)」程度しかなく、数を揃えるのが一々面倒になっています。

更に、XX鏖魔シリーズについては「鏖魔の重甲」×3が必要となります。重甲はG3以上の鏖魔ディアブロスからしか入手できず、二つ名をこなしていないプレイヤーであればあるほど集めるのが面倒な素材となっています。